空気に関する地球環境問題
水質に関する地球環境問題
地面に関する地球環境問題
生物に関する地球環境問題
環境用語一覧

地球の地面に関する自然環境問題

砂漠化による環境破壊

砂漠化とは、植生に覆われた土地が不毛地になっていく現象です。植物の生育や農業に適さない土地といった意味が強く、乾燥した地域を意味する砂漠気候の「砂漠」とは違います。植生を失った土地が植物の蒸散作用を失うことで結果として乾燥した気候に傾いたメソポタミアのような例もあります。

砂漠化による自然環境破壊問題の詳細はこちら

砂漠化

土壌汚染による環境破壊

土壌汚染とは、典型七公害の一つであり、土壌中に重金属、有機溶剤、農薬、油などの物質が、自然環境や人の健康・生活へ影響がある程度に含まれている状態をいいます。土壌汚染という用語で使用している土壌とは、「土地や地盤を構成する物質」または「土地」を指しています。

土壌汚染による自然環境破壊問題の詳細はこちら

土壌汚染

凍土融解による環境破壊

凍土融解(永久凍土)とは2年以上連続して凍結した状態の土壌です。永久凍土は北半球の大陸の約20%に広がっている。永久凍土の厚さは数百mにも及ぶこともある。永久凍土の上部には夏の間融けている活動層があり、ポドゾルという酸性の土壌となり、タイガや草原となっています。

凍土融解による自然環境破壊問題の詳細はこちら

凍土融解

森林伐採による環境破壊

森林伐採は、森林の木竹を伐り倒すことであり、通常は丸太を生産する行為をいう。林業における伐採の種類には主伐(しゅばつ)、間伐(かんばつ)、除伐(じょばつ)、皆伐(かいばつ)、択伐(たくばつ)がある。

森林伐採による自然環境破壊問題の詳細はこちら

森林伐採

放射能汚染による環境破壊

放射能汚染とは、放射性物質の存在によって望まれない場所や物質(表面、固体、液体、気体、および、人体を含む)が汚染されること、または、その放射性物質の存在を指します。量、つまり、表面上(単位表面積)の放射能を指す言葉として用いることは、あまり、正式には行われていない。

放射能汚染による自然環境破壊問題の詳細はこちら

放射能汚染
ここでクリア