空気に関する地球環境問題
水質に関する地球環境問題
地面に関する地球環境問題
生物に関する地球環境問題
環境用語一覧

R水素

R水素とは?

R水素(名前の由来は英語のRenewable Hydrogenの頭文字Rと水素から名付けられている。再生可能水素と同じ)一部の再生可能エネルギーを推進する団体によって提唱されている、自然エネルギーと水の持続可能なエネルギーの形で電力や動力機関の燃料のエネルギー利用の概念。科学により定義された専門用語ではない。

R水素の概要

従来用いられてきた石油、天然ガス、石炭、原子力などが環境に悪影響を与えるとして強く反対する一部の再生可能エネルギーを推進する団体は、太陽光、風力、地熱、小規模な水力発電などの再生可能エネルギーを一次エネルギー源として水を電気分解することで発生する水素を、現在の社会で広く用いられている石油製品に置き換え、家庭、自動車、ガスタービン発電などに利用することで、[気候変動リスク]の原因である二酸化炭素の発生を劇的に抑え、また付随の環境問題が避けられない原子力なども無用になるだけでなく、権益確保のための戦争,難民、貧困、ストリートチルドレン、少女売春、また必要以上に資金が流出する事により本来回るべく教育や福祉に資金がまわらない、そして社会格差などの世界の大きなストレスを受ける元凶から命を最も大切にする公平な社会へシフトするトリガーになると主張している。

R水素のメリット

水や空気を汚さない

水素 (H2) は燃料電池を通して電気や燃やして燃料として使う際に従来の化石燃料のように温室効果ガス(二酸化炭素)は一切出さない。水素発電の副産物は微量な水と熱だけです。

人類のエネルギーの歴史の観点から

燃料としてきたエネルギーは化学式から見ると、水素と炭素が含まれる化合物。エネルギーの歴史の表はそれぞれに含まれる炭素と水素の割合を示している。木材:炭素9 水素1、石炭::炭素5 水素5、石油:炭素1 水素2、天然ガス: 炭素1 水素4

1.炭素が減り、より燃焼効率の高い水素が多く含まれているエネルギー源へと移行していることがわかる。

2.エネルギーの基本は水素と酸素の反応ということがわかる。

水素を使用した燃料電池の総合効率が高い

燃料電池は反応熱をお湯などに再利用して使えます。その場合の総合効率は約80%です。それに比べて火力発電所は35%です。火力発電所では65%の廃熱も大気中に環境破壊として放出されていることになる。

需給電力のバランスがとれる

黒い線が電力需要、一般的に朝と夜がピークとする。そしてブルーの発電で多い時は水素で貯めておいてピークのときに水素発電。電気をエネルギー密度が高く劣化しない水素として貯めることで使いたいタイミングや電力需要が高いタイミングに燃料電池に通して電気として使う。需給バランスを調整できることで、再生可能エネルギーの弱点である不安定な供給を標準化することが可能になり、ピークに合わせた発電設備が必要なくなる。

R水素のデメリット

「環境を破壊する」ダムを利用する水力発電を除く再生可能エネルギーの利用は3%程度にとどまっている。これらのエネルギー源は利用コストが高く、今後世界経済の発展と共に増大するエネルギー消費量に対応できるか不明である。風力発電、地熱発電に伴う環境破壊についても触れられていない。水素の貯蔵、運搬の困難さも社会において広く用いるには問題となる。二次エネルギーとなる水素のエネルギー効率は従来の化石燃料よりも低くなる。

賛同者

日本のみならず国際的にNGO団体のR水素ネットワークが啓蒙の中心となっている。2011年東北地方太平洋沖地震の津波による被害によって発生した福島第一原子力発電所の事故に関連…いしだ壱成は、自身のブログ(※ただし、事故が起こる前_2011-03-04アップ)において、原子力に代わる代替エネルギー源として「特にR水素という技術が一番クリーンで効率的だと個人的には思っていて、この分野はもっともっと伸びて欲しいし、注目されて欲しいと思う。」と述べている。

ここでクリア